アフターピルを使用できない人

ストップ

アフターピルで避妊をしたくてもアフターピルの服用を禁止されている女性たちがいます。なぜ禁止されているのでしょうか。アフターピルを服用する前に知ってほしいアフターピルを服用できる女性とそうでない女性。
でもアフターピルを服用できない女性はどんな避妊をすればいいのかやはり体に入れるものだから体にある程度の副作用はあるみたいです。

使用できない女性は血栓症を患っている方のようです。アフターピルの成分には血液が固まりやすい成分が含まれているのだそうで、血栓が出来やすいのだとか。また、ヘビースモーカーも血栓症になりやすいので服用ができないようです。女性

糖尿病を患っている女性も危険なので服用が認められていないみたいです。
アフターピルにはプロゲステロンという女性ホルモンが成分として含まれているため、血栓症や糖尿病だけでなく婦人病やがん患者、高血圧と言った症状や持病がある方は使用を禁止されているようです。
また、他にも何らかの持病でお薬を毎日服用していたり、定期的に服用している女性も医師の診断を受けた方がいいようです。お薬がアフターピルの影響で効かなくなったり、アフターピルの効果が激減してしまう可能性があるのです。

その他にも持病を持っていなくても家族にそのような持病を患ったことがある人や患っている人もアフターピルの服用ができないようです。
もし気になる女性は病院へ一度受診してみると良いと思いますよ。

アフターピルを服用できない女性は相手にも協力をしてもらいコンドームの装着をしましょう。
でも、沢山の女性がアフターピルを服用しているのは確かなので健康の女性ならば安全です。まずは使い方服用の仕方をしっかり守り避妊をしましょう。悩む前に病院を受診することをおススメします。
また、妊婦や授乳中、手術を受ける前や、手術後などにはアフターピルは服用してはいません。